オリジナル模試公開中

高校入試に対応したオリジナル模試をnoteで公開中です!詳細はこちらから!

[中学公民]中学生でも分かる!「円安」の仕組みと生活への影響について元銀行員が分かりやすく解説!

広告
[中学公民]中学生でも分かる!「円安」の仕組みと生活への影響について元銀行員が分かりやすく解説!公民

みなさんこんにちは、ゆーきゃんです。

今回のテーマは、「円安」についてです。

昨今のニュースで1ドルが135円代に突入したことをご存知の方も多いかと思います。

ニュースではその要因について語られることも多いですが、いまいちピンとこない方も多いではないでしょうか。

そこで、銀行の外国為替部門で勤務していた筆者が、「円安」の仕組みや生活への影響について解説します。

スポンサーリンク
広告

「為替レート」の決定理論と「円安」の仕組み

円安がなぜ引き起こされるかを考えるために、「為替レート」の決定理論について説明します。

説明にあたり、「スポット為替レート」の意味を確認しておきます。

「スポット為替レート」とは、取引を締結した日から2営業日後に受け渡しを行うときに適用される為替レートのことをいう。
ニュース等で報道される「為替レート」は「スポット為替レート」のことを指す。

例えば、1ドル=100円で100ドルを購入したとき、その2営業日後に

購入者は100×100=10000円を銀行に支払い、銀行は購入者に100ドルを支払います。

いま、次の状況を考えます。

①100万円を1年間\(i_{JPY}\)[%]の金利で運用する。
②100万円を現在のスポット為替レート\(S_{t}\)で全額をドルに換え、
ドルを1年間\(i_{USD}\)[%]の金利で運用し、1年後にそのときのスポット為替レート\(S_{t+1}\)で全額を日本円に換える。

中学生でも分かる!「円安」の仕組みと生活への影響について分かりやすく解説!

①において、1年後手元のお金は\(1,000,000(1+\frac{i_{JPY}}{100})\)となります。

②において、1USD=\(S_t\)JPYで1,000,000円をドルに換えると、$\(\frac{1,000,000}{S_t}\)になります。

これを1年運用すると、$\(\frac{1,000,000}{S_t}(1+\frac{i_{USD}}{100})\)となります。

金利平価説」の下では、

日本円を1年間運用した結果
=「ドルに換えて1年運用し、1年後に日本円に変えて得られる額

が成立するため、
$$1,000,000(1+\frac{i_{JPY}}{100})=\frac{1,000,000}{S_t}(1+\frac{i_{USD}}{100})×S_{t+1}$$
という関係式が得られます。

この関係式より、
$$S_t=\frac{100+i_{USD}}{100+i_{JPY}}×S_{t+1}…(*)$$

(*)式を考察すると、

  • \(i_{JPY}\)が小さくなり\(i_{USD}\)が大きくなる\(S_{t}\)は上昇
  • \(i_{JPY}\)が大きくなり\(i_{USD}\)が小さくなる\(S_{t}\)は下降

することが分かります。

また、

  • \(S_{t}\)が上昇「ドル」の価格が上昇「円」の価格が下落「円安」
  • \(S_{t}\)が下降「ドル」の価格が下降「円」の価格が上昇「円高」

を意味するため、

アメリカが利上げし、日本が低金利水準を維持し続けると、「円安」の進行が予測される

ということになります。

実際の為替レートは、それ以外の要因によって厳密には金利差から導かれる為替レートとは異なりますが、その差はその決定に大きな影響を与えています。

「円安」になると何が起きる?

「円安」が起こる仕組みについて解説してきましたが、次は「円安」による生活の影響を考えてみましょう。

いま、1USD=100円から1USD=110円に円安が進行した状況を考えましょう。

例えば、パンの原材料である小麦の大部分は輸入に依存しています。

もし、小麦を10,000ドルで輸入している企業から見れば、円安によって

\(10,000×(110-100)=100,000\)円だけコストがかさむことになります。

このコストが販売価格へと転嫁され、

「円安」は、物価の上昇を招く

こととなるのです。

ですので、さまざまなものを輸入に依存している日本にとって、

ただでさえ不況なのに物価が上昇し、ますます不況が進行する事態となりかねないのです。

一方で、トヨタのような輸出がさかんな産業から見れば、円安になればなるほど儲かっていきます
(それで儲かった企業が、給料を増やしたり、株の配当金を増やすなどして消費を促してほしいのですが・・・)

スポンサーリンク

なぜ、日本銀行は「利上げ」に踏み切らないのか?

いまの議論から考えれば、

「円安」を食い止めるためには、日本も利上げすればよい

ということがいえますね。

しかし、中央銀行である日本銀行が、政策金利(日銀が市中の銀行に貸し出す際の金利)を上げてしまうとどうなるのでしょうか。

政策金利を上げてしまうと、以下のような波及効果があるため、

ただでさえ不況にある日本が、ますます不況となってしまうため、日銀は簡単に利上げに踏み切れないのです。

中学生でも分かる!「円安」の仕組みと生活への影響について分かりやすく解説!

「指値オペ」が「悪い円安」を招く

その他の「円安」を進行させる要因について考えていきましょう。

まず、その話題に入る前に「国債」に関して説明します。

  • 「国債」を購入すると、定期的に利子が得られ、償還時には元本が全額返される
  • 「国債」が売られてその価値が下がると、その利回りは上昇する

のが特徴です。

「国債」には種類があり、その償還までの期限によって、「3年債」や「10年債」などがあります。

日銀はこの「10年債」に関して、目標する金利水準を設定しています。

日銀の金融政策(物価の安定のために日銀が行う政策)の大きな柱である「イールドカーブ・コントロール」に関して、

「イールドカーブ・コントロール」とは、日銀が国債を買い入れることによって、目標とする金利を誘導すること

をいいます。

日銀は「10年債」の望ましい金利水準を維持するために、

その利回りを指定して無制限の国債を買い入れ(指値オペ)

を実施しています。

日本以外の中央銀行は政策金利の利上げを行う歩調となっており、

日銀が指値で国債を購入するということは、それ以上国債の価値が下がらないことを意味します

よって、

投資家から見れば日本国債の価値が減少する前に売却し、他の魅力的な資産への投資のために円を売りドルを買う動きが加速する「悪い円安」が進行している

といえます。

公民の学習におすすめの参考書

公民の学習におすすめの参考書をご紹介します。

「公民」では難しい「政治・経済」に関する概念が多々出てきます。

本書は重要なポイントのみをピックアップし、確認できるようになっており非常に効率よく学習ができます。

図やイラストも豊富なので、分かりやすく、初学者の方でも無理なく取り組めます。

created by Rinker
¥1,430(2023/03/19 23:27:42時点 楽天市場調べ-詳細)

「とってもやさしい中学公民」で知識をインプットしたら、「完全攻略」を用いてそれをアウトプットしましょう。

本書は定期テスト対策はもちろんのこと、基礎からステップアップしてゆける構成になっているので、入試の基礎固めにも最適です。

まとめ:[中学公民]中学生でも分かる!「円安」の仕組みと生活への影響について元銀行員が分かりやすく解説!

いかがでしたか。

今回の記事では、「円安」の仕組みやそれがもたらす生活への影響について解説しました。

この内容をすべて理解できる必要はありませんが、なんとなくでも「円安」の特徴をつかんでもらえれば幸いです。

引き続き、時事ネタに関連した学習事項を解説してゆくのでお楽しみに。

最後までご一読いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました